<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

断筆かもⅡ

いろんな思いも交錯し暫くブログ更新出来ないでいたBOSSに
皆様からご意見をたくさん頂戴した
このままのスタイルでBOSSらしいブログが楽しみである
といったご意見が大半であったことが実は以外であった
重い!暗い!読みたくなくなるなんてご意見で溢れると思っていただけに
嬉しいの一言である
ありのままのK'sであったりBOSSでいることが大切と実感

弱い暗い情けないBOSSも
頑固で空気を読まない(読むことは出来るが)BOSSもBOSSであり
強気と弱気が交互に顔を出して皆さんにご迷惑をかけてしまう
あれツ!BOSSってそんな人だったんだ…と思われることもしばしば
イイ人では面白くなくて悪い人では話にならない
少し癖があって負けず嫌い
それがBOSS

先日S氏が芸能界を引退
ことの真実をどうのこうの言える立場でもないし
本当のところは誰にも分からない
ただそんなときBOSSは相手の顔をしっかりと見る
50を過ぎればその人の生きざま・経験・職業などが顔や振る舞いにでる
それをBOSSは人を見る判断基準としている
当然BOSSも顔に振る舞いに出ているはず
たぶん良識ある大人の皆様には本音のBOSSが見抜かれている
by ks-club-boss | 2011-08-31 02:25

かすみが講師に

地元商工会の経営勉強会でかすみが講演を!
40名弱の聴衆の前で質疑応答までの1時間
テーマは『奈良の魅力再発見』花を通して感じたこと
東京から見た奈良の魅力と今1つ足りない所
けっして勝ち組ではないk's clubだが
自ら得た経験をバネに負け組からの脱却
地方と東京の格差 東京では得られない地方の豊かさなど
落ち着いた口調で聴衆を引っ張って行ったかすみに拍手!!
e0123255_1414670.jpg

どこかの国の最高機関のように
居眠りやヤジ無駄話をして話を聞いてくれないのでは?
なんて心配もしたが取越し苦労に終わった
皆さん始めから真剣に聞いてくださり
それがまたかすみに連鎖して熱気を帯びつつも
和やかな雰囲気が会場を包みかすみらしい講演会となった
BOSSはカメラマンに徹し終始シャッターを押した
ファインダーから冷静なかすみが覗けた

最初BOSSは出ないつもりでいた
身内の講演会など恐ろしくて見れない
緊張するかすみの姿を見ることも耐えられないし
あの人がご主人かなんて思われることも嫌だった
前回JCでかすみが講演したときもBOSSは欠席を決め込んだ
たぶん子供がいたら運動会に行くこともためらったであろうし
ピアノやバレーの発表会にも行けなかったに違いない
そんなダメなBOSSが今回参加してしまった

落ちついてからボチボチかすみの講演を総括しだしたBOSS
あの言葉尻はおかしいとか…
そんならBOSSがこれからやったら!とかすみから一撃
ごめんなさい!
by ks-club-boss | 2011-08-31 00:57

断筆かも

気付けば2週間もブログ更新を怠ってしまった
心配してお電話をくださった方もあった(とても嬉しかった)
プライベートで忙しいということもあるが
最近ブログを書くことに少々のためらいもある
みなさん夫々に受け取りかたが違う
プライベートなことを書きすぎていると御意見を頂戴した
ここ最近暗く沈んでしまうようなことばかりが起こり
それを正直に書いていたがそれがいけないようだ

BOSSはストレートだと言われる(特にかすみが言う)
アヤフヤな表現が苦手でつい本音を語る
読み手の方はそんな所まで教えてもらっていいの?
(他人の私が読んで良いの?と言われたこともあった)
BOSS自身ヌルい表現では書いていても面白くない
ある先生からはあまりの御難続きになんと声をかければ…
と悩まれたようだ
BOSSなりに公序良俗に反しないように書いているつもりだし
最後には沈んだ気持ちも高揚するように心がけている

文章の中の余白を実は読んで欲しい
by ks-club-boss | 2011-08-28 02:37

酷暑 残暑

ここ2〜3日の暑さは異常である
日本の夏は高温多湿でいただけない
湿度が多いと夜の気温の低下も望めず疲れがとれない(熱帯夜)
35℃を超える真夏日など仕事は中止で当然
戒厳令を布告しても良いくらいだとBOSSは思っている
それ位やらないと熱中症は収まらないがBOSSの持論

さてBOSSは暑さにはそれほど弱くない
むしろ暑さをおさえるクーラーが苦手でツライ
かすみとは逆なのでこれが大変…夏は別居に限る!
そんな冷えた身体を暖めるには運動が一番(BOSSって変?)
夏ジム通いが多くなる
今年はいろいろあって何ヶ月もジムには行けていない
オカゲで?体脂肪が増えてしまった(当然体重も)

お葬式で久々あった元スタッフから「BOSS肥りましたね」と
思えばこのところ外食やコンビニのおにぎり中心の食事だったよな
と猛省しきり!もう遅いかな…
かすみの提案で-東京ジム探し-なるものをはじめた
仕事が落ち着いてから体験で大手Kの恵比寿を昨日覗いた
今日も時間を見つけて同系列の目黒に
仕事場が代官山なので徒歩で行ける距離となる

Kスポーツの恵比寿も目黒も設備・環境ともピカ一
恵比寿は広尾のプライムスクエア
緑が多く都心ということを忘れさせてくれる
マシンの数も多いしスタジオも2つさらにプールが立派
さらに更にお風呂がまた素晴らしい!最高!!!
目黒は目黒雅叙園のとなりのアルコタワー
これまた抜群の眺望目黒川沿いの桜が咲けば見事

今日は目黒でボディジャムを体験
決められた振り付けを用意された音楽に合わせる
音楽が特に素晴らしいHip Hop Latin Jazzdanceなど
いろんなジャンルが盛りだくさん
チョッと恥ずかしい感じは拭えないがとにかくハードで楽しかった
マシンジムではなんとフジTVの須田アナとチェストプレスで隣同士
トレッドミルでは須田さんよりも長く走った(どこまも負けず嫌いなBOSS)
恵比寿も目黒もなんと言っても外人がとても多いことにも驚いた
英語圏の人 韓国の人 インドの方も数名見かけた
東京はやっぱり違うな!がオノボリBOSSの実感
by ks-club-boss | 2011-08-13 01:10

自分に正直に

BOSSぐらいの年齢になるとそれなりにものが見えてきて
(↑目ははっきり言って老眼反対に心の目は見えてくる)
自分の思いだけで行動することは非常に危険であると分かっている
すなわち周りの状況をみて常識的に判断することが重要である
しかしそれでも常識的な判断というものが個々に違う
『常識辞典』なるものが世の中に存在していれば間違いないのだが…

自分の過去の経験やら親先輩上司長老などからのアドバイスが要
そんなことを考えていたら鬱陶しくなってしまうけど
半分正解残り半分は不正解と思えば良い
かすみによく言っていることなんだけど
世の中の半分は見方残りの半分は敵ぐらいに思っていて丁度良い
それではいったい何が正解?といえば
自分に正直になることしかないように思う

自分がどのようにしたいのか してほしいのか
それだけを考えて行動するようにしている
最近ある決断を迫られた
悩んだあげく自分に正直になろうと考えた
これからの人生時間が無限にある訳でもない
ならば我がままでも常識はずれでも良いではないか
正しいと思ってしたことがある方からみれば無礼千万ってこともある
人間だから仕方ない
by ks-club-boss | 2011-08-11 01:56

家族葬の意味

e0123255_071197.jpg

母が倒れてから数日が過ぎいよいよ覚悟を決めお葬儀の準備に入った
かすみには随分ツライ仕事ではあったが乗越えない訳には行かない
病院までの道程に数軒お葬儀屋さんの看板が見えた
何の必要性もないときは全然見えない看板がこの数日気になってしかたない
人間の脳は巧く出来ていて写真のように全て記録されず
必要なものだけが記憶に残るようにできているようだ

かすみの希望はただ1つ自分の花で送りたいと言うことだけ
最初の葬儀社さんからは無理と言われ落ち込んだ
とりあえず生前母がお参りをしていた勧信寺を訪ねた
大阪市内なのでナビを頼りにやっとたどり着くことができた
お寺の住職さんに相談して川上葬祭さんを紹介していただいた

寺田町にある小さな葬儀屋さんで正直不安…(ゴメンナサイ)
我々が希望するお葬式を叶えてくださるのだろうか
はっきり言って儲けに全くつながらない式でもあるし〜
しばらく待って担当してくださるMさんが現れた
話を充分聞いてくださりすぐご理解いただけた
感性が合ってなんだか希望が叶えそうに思えた

少しの養生(白布を敷き詰める)と花だけの簡素なプランであったが
かすみが精一杯気持ちを込めて好きな花だけで飾らせてもらった
かすみらしいしつらえに母は喜んだに違いない!
自分の娘に花を生けてもらえる親などそうはいない
この仕事を遣らせてもらったご褒美だとBOSSは思った
川上葬祭さんのMさんのご配慮で
簡素ながらも気持ちのこもったお葬式が実現できた

最初はお通夜もなく簡単な告別式だけで見送るつもりでいた
我々と兄夫婦だけの家族葬とも決めていた
しかしあまりに簡素すぎることに申し訳なさを感じはじめた
我々にとって最後の親だからせめてお通夜と告別式だけでもと考えが変わった
結局はお寺の信者様と我々の親友だけの内輪の式となった
家族葬ってこんな感じなんだと初めて体験できた

かすみが救急病院に運ばれて葬儀運営危うしの場面もあった
事前に決めていた筈の葬儀社さんが思い出せず慌ててしまったこと
なにかあったら教えてと言ってくださっていた方々の名簿紛失
兄との運営についての口論などなど(家族葬の捉え方)
事前にシミュレーションしていたのに失敗の連続に情けなく思った
そんなこんながお葬式…
皆様には失礼失態の数々お許しいただきたい
by ks-club-boss | 2011-08-09 16:42

いつか必ず終わりがくる

かすみの母が36日間の戦いから開放された
6月30日自宅で倒れ心肺停止となり救急隊員のご努力で再び蘇生した
しかし数分間脳に酸素が供給されず機能を喪失
かろうじて人口呼吸器にて生かされた
東京で知らせを聞き母の入院している堺市の病院に向かった
とにかくそのまま生きていて欲しいことだけを念じて…
e0123255_14444494.jpg

間に合った!
母のあまりにも変わり果てた姿にかすみは号泣した
ICUで数時間過ぎて少し我々も落着きを取り戻した
このままでも良い とにかく生き続けて欲しいと我々は祈ったが
管まみれになった母ががただただ痛々しい
それから毎日病院通いが始まった吉野から片道60km
慣れない道に戸惑いながらもとにかく通った

10日が過ぎてふと気付いた
このまま看病に専念する事だけが親孝行なのか
BOSSが言わなければ誰が言う…
もう良いのではないか!仕事に戻ることが我々の責務
レッスンに来てくださる生徒さんに申しわけないよと
しばらくしてかすみから東京に戻ると返事がきた
仕事を持つ身 親の死に目に会えると思ってはいけない

折りしも東京の店の移転に伴う大仕事が残っていた
7月末を持って今の代官山教室を閉鎖 それによる引越しが控えている
10日で奈良ー東京間を車で3往復
書類 花材 家財 寝具等整理をしては奈良に持ち帰るピストン状態
無限に等しい量に気が遠くなる
間に合うのか…焦りが先にたつ
しかし膨大な荷物も29日頃にはまばらになってきた
間に合いそうな予感がした(母が持ちこたえてくれれば)

31日不動産さん立会いでK’sの明け渡しが完了した
再び奈良に戻り母の病院に通う日々が始まった(夕方のみ)
なにか予感が走った!
かすみには悪いが5日頃母が亡くなるとBOSSは感じた(根拠はないが)
既に家族葬で見送ることも決めて葬儀屋さんと打合せも済んでいた
引越しも終了して一息つこうと思った矢先
病院から電話が入った

もうあまり時間がありません!すぐに病院に来てくださいと
折りしもかすみはレッスン中生徒さんに事情を話し病院に向かった
間に合った!かすみは母に『おかあさんありがとう!』と何度も何度も繰り返した
少しずつ息を失い顔色が蒼ざめていった
e0123255_14411431.jpg

みな様から励ましのお言葉やメールそして甘えていた我々に「カツ!」もいただいた
どれもこれも我々の身に沁みた
8月4日午後3時47分母はかすみに見守られ旅立った
母を失うことの辛さ悲しさは計り知れない
でもそんな経験が我々を成長させてくれるように思う
そしてどんなに辛い事も必ず終わりがくることを教わった
by ks-club-boss | 2011-08-07 14:21

新鮮!BOSSサイズの日々


by ks-club-boss
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る