<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大晦日のBOSS

e0123255_12123322.jpg

最後の1日となり今年も無事終了できる喜びを噛みしめている
病気のときは皆様から励ましのお見舞いを頂戴して
改めて多くの方々から支えていただいていることに気付かせてもらった
恵まれていてこれ以上望むことは贅沢とつくづく思っている
e0123255_12125263.jpg

一人ではないと分かってはいるものの時折襲ってくる孤独感
決して若くない自分自身を自覚してなのか
取り残された感?何故か時代の流れについて行けないとき
それは単に勉強不足であったり面倒とさけていることが原因と
答えは簡単に出ているのだけれども

それはそれで仕方ないと諦めきれないのがBOSSか
欲がまだまだ拭えずにいるのかも知れない
SNSでも素敵なエピソードが綴られ
正義感や社会の矛盾について書かれたメッセージに溢れている
BOSSも同感ではあるもののどこか冷めていることも事実
反応出来ない自分自身がなぜかもどかしい

明日から2015のスタート
いろんなエピソードで綴られるはずの1年
かすみから「BOSSは小っちゃい!」と言われ続けた今年
まずは大きくなることを目標に来年は過ごそうと思う
些細なことで目くじらを立てずゆっくりと事の成り行きを見届けてみるか
そこに大人の男の美学を見出したいと思っている

それからもう一つ目標があった
男性限定の料理教室を始められればと検討中である
今数名の方からのオファーがあるのだけれど
あと最低2名参加があれば実現しそうな感じだ
それを目指してキッチンをセルフリフォームすることも考えている
来年もかなり忙しくなりそうだ
by ks-club-boss | 2014-12-31 12:13

総決算

e0123255_0103478.jpg

     今年デザインした門松(フランス語を捩って Nouvelle cadeau-matsu)
あと2日で今年も終了となるがいったい何がやれたのかな?
思い浮かばず今年も時間切れでThe ENDとなっちゃう!か…
BOSSなりに今年はうれしいことも多くて充実していたのだが
ただ病気に侵されることが多く全国各地で寝込んでいた記憶がする
例年どおり最後は花の仕事で終えることができるのは何より幸せだ

クリスマスが終了するとすぐにディスプレーをチェンジしなければならず
余韻にもう少し浸っていたいBOSSにとっては憤懣やる方ない
欧州では新年がスタートしてもクリスマスの痕跡はそこかしこにいっぱい
だのに日本では許されないほとんどのお店はお正月飾りに
正月ように仕入れた生花を並べてテーブルには緋毛氈を敷く
e0123255_053729.jpg

        BOSS流ではあるがトラディショナルなスタイルの門松
26〜27日はご注文いただいている門松の制作
28日中に配達を終えないといけない
29日は二重苦につながり忌み嫌われるからである
ついでに31日は一夜飾りといって神様に誠意が届かない
さらにお葬式が急なので葬儀の飾り物を連想すると言われ
辛うじて30日が許されるようだ(明日か!)

で明日のBOSSは一日かがりで生込みという仕事をこなす
華道の師範でもあるのでお寺の生込みは得意中の得意
松竹梅に餅柳紅白の葉牡丹、千両等でめでたく生込む予定
なのでなかなかお正月準備に至れず除夜を迎えてしまうのが
通年のBOSSの年末風景だが今年も幸いにして生込みで終了
31日ぎりぎりまでの仕事なので充実感が一入

新年は5日からバーゲンでスタート
来年はK's福袋なるものを企画してお出迎えさせていただく
先着30名さまに無料でお配りさせていただくもの(¥5,000以上ご購入が条件)
中身は只今かすみが検討中乞うご期待というところ…
by ks-club-boss | 2014-12-29 23:51

Merry Christmas

e0123255_1414079.jpg

クリスマスイブの我が家のmenu
一番上はセロリと鯛のカルパッチョ
下は牛肉の赤ワイン煮込み野菜添え
e0123255_13591999.jpg

二日間肩ロース肉をパセリの茎と月桂樹のブーケガルニと一緒に赤ワインでマリネ
後は肉を焼いてじっくり煮込むだけ
e0123255_135909.jpg

上はBOSSの定番!カキとほうれん草のグラタン
e0123255_1404535.jpg

超簡単!ひよこ豆のペースト地中海料理の定番
そんなかっこうで用意したBOSSのクリスマス料理

今回はK'sにBOSSを訪ねてきてくれたO君
聞いたところ残念ながらイブに予定なしとの返事
ならば!と無理やりBOSSが拉致して自宅に招いた
まだ30代ながら60年代~70年代のカルチャーが好きだと…
話がいつも尽きずBOSSにとっては大事な友人
(なぜか30代の息子のような年齢の友人が多い!チョット自慢)

8時ころからはじめたディナーも気付けばもう11時前
あわてて彼をご自宅までお送りして我々のイブは楽しく過ぎた
突然拉致して申し訳なかったが帰り際「イブに楽しい思い出ができました」
さわやかな彼のことばに我々も同じことばを返した
Merry Christmas!!
by ks-club-boss | 2014-12-25 13:58

ライセンス式

e0123255_3163753.jpg

20日奈良の生徒さんたちのライセンス式が行われた
BOSSは料理と写真を担当させていただいた
今回は美しい和装で出席されたOさんはじめ7名
皆さん普段と違って少し緊張気味ではあるが
その高揚気味なスタンスが初々しく美しい
e0123255_3254443.jpg

かすみからランセンス証とブーケを受けとられたときの
満面の笑顔が美しく成し得た彼女たちに我々も賞賛の拍手を
すでに花を仕事にされている方やこれからその道に進む方
レッスンプロとして生徒さんに教えられる方など
道はそれぞれであるが誇りを持って活躍していただきたい

BOSSも遠いむかしいけばなではあるが尊敬している先生が
推薦してくださり階級を上がれたことに喜びを感じたものだ
また恩師に対して全くなにも知らない自分を
ここまで導いてくださったことに感謝の気持ちで一杯であったこと
仕事でお稽古ができなく悩んだことなど若かりし当時が蘇える

しかしこれが最終の到達点ではなく
新たな第一歩でもあることも全ての生徒さんが自覚されていた
花の道に飛び込まれた限りはなんとかプロとして
何らかのかかわりを是非持って欲しいと
BOSSは心から願う
by ks-club-boss | 2014-12-22 03:07

BOSSに隠れ家が

六本木にBOSSの隠れ家がこの年にしてはじめてできた
バンザイ!本当に生まれてはじめての快挙!
アルコールが全くダメなBOSSの憧れは…
喧噪から少し離れた大人の紳士があつまるショットバー
カウンターの上だけがローソクの灯りに揺らめく少し暗めの店内
オールドジャズが静かに流れ客は各々にゆっくりとグラスを傾ける
e0123255_147651.jpg

そんなBarで1人静かに時間を過ごすことが夢であった
下戸なBOSSにとって実現不可能な夢かと諦めかけていた…
たまたま東京で知り合った1人の青年M君が誘ってくれた
4年もの間ダブルワークで誰にも頼らずBarを開業
彼のひたむきな姿勢はBOSSにとってもK's創成期と重なる
くしくもBOSSがK'sをはじめた年がM君と同じ年
頑張ってくれよ!とひたすら願う

かすみも興味津々ではあるがここはBOSSが見つけた隠れ家
妻といえども侵されず守りたいと思っている
だって今まで一度たりとも1人でBarなる所にいったことのないBOSS
やっと巡り会えた大人のBar当分はひとりで楽しみたいと思っている
ノンアルコールでホットなドリンクとおつまみだけではあるが
M君の心に届くファルセットボイスが最高に素晴らしい!
素敵なBarでの数時間はBOSSにとっても夢の実現であり第一歩であった
by ks-club-boss | 2014-12-18 01:40

BOSSとクリスマス

e0123255_1331999.jpg

     (昼間の我が家のもみの木)
以前からよく生徒の皆さんに話しているのだが
BOSSにとってクリスマスは原点であり核である
イデオロギーといっても過言ではない
子供の頃通っていた幼稚園の2階の教会と金色の織物とツリー
それまでのBOSSの記憶に色彩はなかった

ケーキすら珍しい時代に育ったBOSSにとって
憧れと美をはじめた意識した瞬間でもあった
それ以来心の中にずっと残っていた鮮明な記憶が
今もまだこの手から溢れ出ているように思う
西洋への憧れはこの当時培われてものに違いない

リース作家として少しは知られるようになったこと
トピアリーはBOSSにとってツリーが原点である
ガーデニングも然り 全てがこの時代の無意識の記憶にはじまる
賛美歌もゴスペルもBOSSにとって音楽の原点 心が騒ぐ
西洋かぶれした小生意気な少年BOSSがそこに存在した
e0123255_1332451.jpg

    (夜の我が家のもみの木)
先日のマルシェのBGMはクリスマスソング
長年集めたBOSSのコレクションCDからのセレクト
珠玉のBing CのWhite ChristmasやNat King CのThe Christmas Song
大好きなWham!のLast Christmasに Mariah Cの恋人たちのクリスマス
J5のママがサンタにキスをしたなど気付けば6時間のロングバージョン
お客様からは懐かしい!当時を思い出す!若い方からはCDに焼いて欲しいの声

今年はクリスハートを配信で購入(実はJPOPが苦手でクリスも好きではなかった)
その中に赤鼻のトナカイ〜ジングルベル〜サンタが町にやってくるのメドレー
驚いたことに日本語!スタンダードを日本語で!何たる快挙!
学校で音楽の時間に歌ったそのままの歌詞が懐かしい
♫お前の鼻が役に立つのさ〜心も勇むよソリの遊び〜あなたからメリークリスマス♫
改めてBOSSは日本語でのカバーに感動した
by ks-club-boss | 2014-12-16 01:09

体調が

BOSSも今年は体調がいまひとつな状態が続いた
2月に静岡の赤十字病院にお世話になり
諸々の怪我は絶え間なく
10月〜11月一杯にかけて腹部の痛みと倦怠感
あげくに食事ができなくなるしまつ
e0123255_1543554.jpg

それでも北海道に東京にと遠征は何とかできたものの
実状はホテルで寝込む日々もたびたびあった
もしかして大病ではないか?と不安に苛まれていた
検診の結果も実のところ思ってもいない告知で
入院も覚悟しての暗い日々を送っていた

17日に東京から戻り再度18日内視鏡の検査に入る
不安材料はまだ残るもののここ数日普段の自分の体調に気付く
体調が戻っていることが自覚できるし何より食事がすすむ
やる気も出てきてなにより大丈夫!だと変な自信もできてきた
病は気から…と言われているがそれもそうだと思うようになった

ブログを楽しんでくださっている方々に心配をおかけするのはいけない
と思いつつ正直にお話することも大事とBOSSは思う
健康をやっと取り戻しからこそ今書けるのかも知れない
BOSSはもう大丈夫!だと
by ks-club-boss | 2014-12-16 00:13

華麗なる英国貴族の館

e0123255_2192480.jpg

久し振りに面白いドラマが放映されている
NHK総合日曜日夜11時から『ダウントン・アビー』シーズン2
20世紀初頭イギリス南東部の貴族の館で繰り広げられる
貴族と使用人の愛憎劇でシーズン1では貴族制度に慣れるまで少し時間が掛かった
おかげでシーズン2ではBOSSにも余裕ができて面白さに気付きはじめた

100年前の英国が舞台なので時代背景やら上流階級の習慣など
日本人のBOSSには理解できないことも多々あった
が、それをも越えるドラマの展開のおもしろさにワクワク状態
BOSSが最も好きな部分はプロローグシーンカメラが城の内部をゆっくりとパン」
当時の館内の窓枠や調度類に思わず息を呑む
画面の美しさカメラワークの妙とキリがない

第一次世界大戦中の戦地に向う相続人の着ているコートを見逃さなかった
たぶんBOSSお気に入りマッキントッシュクロスの防水コート
当主の赤の燕尾服にブーツもカッコイイ!!
執事たちの黒の燕尾服に蝶ネクタイも凛々しい
それから花のアレンジメントがさりげない
とドラマの進行以外にも見所てんこ盛り

英国はもとよりアメリカでもエミー賞など評価が高い
筋書きもさることながら衣装・調度品・家具・厨房など
細部に至まで実に良くできていて飽きさせない
従者ベイツが健さんのように身を引く所が日本人受けする
ドラマを見ないとよく分からないと思うが…
by ks-club-boss | 2014-12-02 00:06

新鮮!BOSSサイズの日々


by ks-club-boss
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る